突然聞こえない状態となったら突発性難聴かも|早く病院へ足を運ぼう

医者

専門スタッフが対応

レディ

補強機器の専門知識を持っているスタッフのいる販売店であれば、難聴に関する相談に気軽に応じてくれます。初めての利用者や買い替え希望者にうってつけです。カウンセリングや検査によって、最も適した補聴器をチョイスしてくれます。場合によっては無料レンタルも行なっているので、活用しましょう。

Read

鼻がつまって困る時には

男の人

鼻づまりの原因は風邪、あるいは鼻の病気です。治療方法は薬や手術、ネブライザーがあります。このネブライザー、つまり吸入器は効果が高く、家庭でも使用可能です。今だけ鼻づまりを治したい時は、温かい飲み物を飲む、蒸気を当てるなどがお勧めです。また鼻づまりで通院する時は、完治するまで通うようにしましょう。

Read

手軽に相談して利用する

メンズ

補聴器は聴力レベルによってさまざまな機種があります。選定するには専門的すぎて決めかねる時には補聴器のレンタルサービスを利用しましょう。自宅で補聴器を試すと店内で聞いた時の音と異なって聞こえる場合があり、細かな調整が必要です。お試し期間中に具体的な悩みを解消して、ストレスのない聞こえに改良しましょう。

Read

突然難聴が現れたら

婦人

症状と原因

突発性難聴とは突然耳が聞こえなくなる病気です。両耳が聞こえなくなることはほとんどなく、片耳だけが聞こえにくくなります。突発性難聴の症状は音は聞こえているが、何を言っているか分からない「高度な感音難聴」、プールの中にいるような「耳の閉塞感」、「めまい」「耳鳴り」などです。突発性難聴すべてに現れる症状ではないですが、多くの人がこれらの症状に悩んでいます。また、突発性難聴は風邪の時の症状と似ているためウイルス感染、内耳の出血などによる循環不全、ストレスや疲労が原因の可能性が高いと言われています。しかし、現時点でははっきりとした原因は解明されておらず、誰しもが突然なりうる病気です。耳に異常を感じたらすぐに病院に行くことが大切です。

早期の受診と治療方法

突発性難聴になった人の3人に1人は完治、3人に1人は難聴の緩和、残りは改善が見られないという状況ですが、完治に至った人の特徴は早めの診断をしていることです。突発性難聴は耳が聞こえない症状のため、すぐに異変に気づきます。しかし、時間が経てば治ると思い、すぐに病院に行かない人も多いです。突発性難聴は発症から治療開始までの時間が完治のポイントです。異変を感じたら2日以内、遅くとも2週間以内に必ず耳鼻科の受診をしてください。治療は薬物療法が基本で、ステロイド剤や血流改善剤、代謝促進剤などの投与となります。副作用が気になる人も多いでしょうが、投与の期間は1週間から2週間なので医師の指示を守ればそれほど心配することはありません。突発性難聴は早めの診断と医師の指示を守ることで、改善する可能性が高まります。症状が見られたら適切な対応が大切です。